ホーム » プラセンタ » プラセンタ注射の副作用とは?

プラセンタ注射の副作用とは?

医療機関にて美容に関する施術を受けることができますがその一つにプラセンタ注射と呼ばれるものがあります。これはプラセンタを原料とした薬剤を身体に注入するという施術で美容に対して効果があったりまたは女性特有の症状の改善を目的として受けることが可能となっています。
ごく一般的なプラセンタを含んでいるという市販の商品の場合は医薬品ではないということからそれほど副作用については考慮する必要がありませんがプラセンタ注射の場合は副作用について不安に感じる方も多いかもしれません。これは個人の体質によって左右される部分となっており万が一プラセンタ注射によって副作用が起こってしまった場合は悪寒や悪心、発熱や発疹といった症状を伴うことがあるようです。また注射の手法としては静脈注射が一般的ではありますがプラセンタ注射は静脈注射が認められていません。もしプラセンタ注射を静脈注射してしまうと血圧が低下してしまったりショック状態に陥ったり呼吸困難といった重篤な症状を起こしてしまうこともありこれは他の薬剤と混合させたいわゆるカクテル注射と呼ばれるプラセンタ注射でも同様の症状が起こることがあります。

母の滴プラセンタ